CocoaPods

オープンソースなどのライブラリを使用した際にバージョン管理を行うことができるiOSライブラリ管理ツール


インストール

CocoaPods をインストールする

sudo gem install cocoapods


Podfileの生成

Podfile が入ってない場合は、一番最初に使用したいディレクトリで以下のコマンドを入力するとPodfileが生成される (この中にライブラリなどを追加していく)

pod init


Workspace等の生成

pod install を行うとその中に以下のファイル等が生成される

  • アプリ名.xcworkspace
  • Podfile.lock
  • Podsフォルダ
pod install


podのバージョンを更新する

podのバージョンをあげる際に以下のコマンドを使用する

pod update


編集

バージョンの書き換えなどを行う際に使用する

vi Podfile

最後に pod install をしないと反映されないので注意


ファイル内の確認

podファイルの中を確認する

cat Podfile


古いバージョンの検出

使用しているライブラリの中から古いバージョンを検出してくれる

pod outbated


コマンドのヘルプ

コマンドを忘れた際に使用する

pod --help


使用する際には アプリ名.xcworkspace を開いて、その中に使うライブラリのインポート行う必要があります。

また、多数のライブラリ等がまとまった Awesome Swift はおすすめです。
ここから使いたいものを探してみるといいかもしれません。