pod install と pod update それぞれの役割についてざっくり解説していきます。


pod install

  1. Podfile.lockをみて更新する



pod update

  1. SDKの今出ているバージョン(最新のブランチ)を見て、その差分があったらバージョンを更新する
  2. PodfileにSDKのバージョン指定をしているものは無視して、このバージョンから新しいのを使うなどといった指定がある場合には、そのSDKを更新する
  3. Podfile.lockが更新される(アップデートしたSDKのバージョンが更新される)



pod update が終わらない方へアドバイス

容量が大きいため pod update をしてもなかなか終わらない、、という方に
オススメなのがoutdated コマンドと --verbose オプションです。


  • outdated
    outdated コマンドを使うと、
    現在使っているライブラリが古いバージョンかどうか分かります。
    pod update としてしまうと、全てのライブラリをアップデートしようとして
    時間がかかるので、outdated コマンドで古いライブラリがわかったら
    pod update 対象のLibrary名 というように
    特定のライブラリのみをアップデートするようにすると時間短縮になります。


  • verbose
    アップデートに時間がかかってしまい、本当に動いているのかどうか
    確認したいときは pod update --verbose のように
    --verboseオプションを使うとアップデート中に更新している際の情報が表示されます。



こちらの記事も合わせてどうぞ!
CocoaPodsについて